退職届を提出するタイミングは?辞表を出す気まずさを克服する方法とは?

この記事は2分で読めます

会社を辞める時に提出するのが「退職届」ですが、けっこう気を使いますよね。

明日から来ません、というわけにいかないので、その後の気まずさや社内の雰囲気が気になる人もいると思います。

そこで、そんな気まずさを少しでも軽くする方法を見てみましょう。

スポンサードリンク

退職届を出すタイミング

退職届を出す相手は自分の上司です。その上司が忙しそうにしている時に「退職届」なんて出せませんよね。かと言って、上司の仕事内容を把握してからなんて言っていたら、いつ出せるのかわかったものでもありません。

もしもタイミングに困っているなら、朝出社して、仕事が本格的に始まる前か、昼食に入る前がいいでしょう。

意識が仕事から少しでも離れているときのほうが、話がスムーズに進められます。

もしもそのタイミングが掴みきれないようなら、前日の退社前に「明日、退職のことでお話があります」と伝え、時間を取ってもらうようにしてもいいでしょう。

そうすることで、その時間が近づくと意識が作業から離れてくれるので、話もしやすいと思います。

ちなみに「退職願」と「退職届」の違いに関しては、

「退職届」 撤回できない
「退職願」 現在の気持ちを表すもので撤回も可能

どちらも退職する意志を表すものではありますが、より強いものが「退職届」といえます。

提出後の気まずさを軽減するには

勤めている会社にもよりますが、一般的に退職届は退職希望日の1ヶ月前までに出すものとされています。

届けが受理されてからも1ヶ月は出勤しなくてはいけなくなり、その間は社内での肩身が狭いと感じることもあるかもしれません。

そんな気まずさを少しでも軽減するため、一心不乱に仕事をして時間が立つのをひたすら待つという方法もありますが、それではあまりにもつらいですよね。

気まずさを感じるのは、残る人たちとの距離感ができてしまうという理由があります。そこで、会社に届けを出す前に周囲の人間にそれとなく伝えておくという方法があります。

ただし、伝えてからあまり間を置きすぎると、自分が上司に伝える前に噂が広まってしまうので、人選とタイミングには注意が必要です。

また、自分の今までの仕事を次の人に引き継がなければ行けない場合、できるだけわかりやすい引き継ぎ書類や手引書を用意してあげるといいでしょう。

最後まで責任を持って勤め上げてくれた、と、のちのち何処かで出会ったときでも気まずさを引きずらずにいられます。

また、退職届には「一身上の都合」と理由を書きますが、やはりなぜ辞めるのか理由は聞かれます。その時に、会社の不満や愚痴を言うのはやめましょう。気になった、合わなかった程度ならいいかもしれませんが、聞かされた方は今後もその会社で仕事を続けていく人たちです。

なにも正直に本当のことをすべて話す必要はなく、去るものと残るものの立場の違いに配慮した理由付けをしたほうがいいでしょう。

「立つ鳥跡を濁さず」と言いますが、例え不満があっての退職だとしても、大人の対応で自分の品位を落とすようなことのないように気をつけてください。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。