キンプリ平野紫耀のプロフィール!元ヤンで性格は天然?高校大学や母親の病気のことなど!

この記事は3分で読めます

「キンプリ」の愛称で呼ばれている、ジャニーズのアイドルグループ「King&Prince」をご存知ですか?

グループ名通りのイケメンぞろいの中、ジャニーズのエリートとも言われる『平野紫耀』くんに注目してみました。

スポンサードリンク

プロフィール

平野紫耀くんとは、どんな方なのでしょうか。

本名    平野 紫耀(ひらの しょう)
生年月日  1997年1月29日
出身    愛知県名古屋市
身長    171cm
血液型   O型
学歴    飛鳥未来高校卒

関西ジャニーズの一員として活動を始め、今はKing&Princeのメンバーとして活躍している平野くん。

最初にも触れましたが、平野くんはジャニーズの中で「エリート」と呼ばれているんです。というのも、本来ジャニーズは書類選考やオーディションなどの過程を経てジャニーズ入りします。しかし平野くんはそれら一切がなく、紹介でジャニーズ入りしたんです。

きっかけは、小学生から習っていたダンススクールでした。

高校一年生のとき、スクールの合宿で上京しそのインストラクターだった方がジャニー喜多川社長と知り合いだったため、紹介され入所したんだそうです。

入所の際に活動の拠点を東京に置くか関西に置くかきかれ、東京ですぐに人前に出るよりも、その前にダンススキルを磨きたいと関西を選択。その後関西ジャニーズのメンバーとして活動をし、現在に至っているというわけです。

努力家な一面を見せてくれた平野くんですが、その実とっても天然さんだというエピソードが。

・座右の銘は?と聞かれ「水瓶座」と答える
・眩しいから室内ではサングラスを着用している
・「エイプリルフール」を「エリンギプール」という

イケメンでちょっと天然な平野くん。そのギャップもまたよし!って感じです。

母親が重病?

平野くんの家族を調べてみると、お母様がご病気にかかっていたことがわかりました。

平野くんが小さいときに両親は離婚されたようで、シングルマザーとして平野くんと弟の2人の子育てを一生懸命されていたお母様の頭に悪性腫瘍が見つかったというのです。

母の働く姿をずっと見てきた平野くんだからこそ、ジャニーズ入所に誘われたとき、関西でしっかりとスキルアップをしたい、実力をつけてから活躍したいという堅実な考えを持ったのかもしれませんね。

母親を支えるための一番の方法をきっと考えたんでしょう。高校卒業後は大学への進学はせずジャニーズでの活動に専念したというのも、そいういった背景があるのかもしれません。親孝行な息子です。

親孝行といえば、ジャニーズの活動をするため平野さんは田舎から上京してきています。しかしその暮らしとは、おばあさまとの2人暮らしなんです。

一人でのんびり気楽に暮らすという選択肢もあったと思うんですが、そこをあえておばあさまと同居を選ぶあたり、平野さんの家族愛の深さを感じますね。こうすることで、きっと離れて暮らすお母様も安心なのかもしれませんしね。

そんなお母様の大病があったせいか、平野さんはコンサートでファンに「死ぬなよー」と語りかけることが多いそうです。

その意味としては、「また生きて会おうな」というものらしいのですが、お母様の生死を目の当たりにし、人間いつ死ぬか、いつ別れが来るかわからないという、実感のこもった平野さんなりのファンへの激励なのかもしれませんね。

そんなお母様ですが、闘病を支えてくれたかたと再婚されたという噂がありました。

平野くんの口からも「舞台があると両親が見に来てくれる」というコメントが出ています。実父についてはほとんど記憶がないということをおっしゃっているところを見ると、この「両親」というのはお母様と再婚相手と考えるのが自然でしょう。親子仲も良好なようですね。

お母様は元ヤン!?

平野さんが母子家庭で育ったという話はしましたが、そのお母様にある疑惑(?)がかかっています。

それはなんと「元ヤンキー」だったのではないか、というもの。

この話が出たきっかけとしては、番組内で度々平野さんのお母様の年齢の話になり、逆算していった結果10代で平野さんを出産したという結論が出るからなんです。

そして平野さんから語られるお母様のエピソードの中に、

「怒ると掃除機で殴られる」
「小さい頃はよく茶髪にされていた」

などがあり、当時の写真を見るとたしかに髪を染めていたりヒョウ柄の洋服を着ていたりといったものが出てきます。

平野さん自身も学生時代にちょっとやんちゃな時があり、その時の写真がこちら。

真ん中で紫の学ランを着て座っているのが平野さんです。

卒業式の特別仕様として用意したとのことですが、名前同様に紫好きなんですね。

そのお名前もお母様がつけたそうですが、当時この名前を付けるあたりセンスがヤンキーよりな気がします。

元ヤンで男の子2人を女手一つで育て上げるのは並々ならぬ苦労があったと思います。

厳しいだけではなく、たっぷりの愛情もかけていたことがわかるエピソードとして今平野さんがお料理上手なことが挙げられますね。

忙しい母親に変わり、料理や家事を積極的に手伝ってたという平野さん。おかげで料理の腕前はピカイチで、得意料の回鍋肉(ホイコーロー)は、市販の合わせ調味料なしでも具材の旨味や個別の調味料を使い味を整えることができるんだとか。

きっと毎回平野さんの作る料理を、本当に美味しそうに食べていたんでしょうね。

そして母の愛情と言うともう一つ。礼儀にとても厳しかったそうです。

勉強に関してはあまり口出しはされなかったそうですが、礼儀に関してはとても厳しかったといいます。

確かに今の平野さんのファンや共演者などに向ける挨拶や接し方を見ていると、きっちり育てられたんだろうなと感じられますよね。

社会に出た時に恥ずかしい思いをしないように、これも母からの愛情ですよね。

ただし勉強にかまっていなかった分、かなりの天然っぷりを発揮するところではありますが、これもキャラの一つとして立派な武器になっているので結果オーライというところでしょうか。

常に家族のことを考え、今でも家族を思いながら、とても人とのつながりを大切に活動をしている平野さん。

ご両親の再婚(確かではありませんが、たぶんそうでしょう)で新しい家族の形を迎え、映画やドラマにバラエティとますます活動に熱も入る平野さんの今後の活躍が楽しみで目が離せません。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。