夏の結婚式ってどうなの?招待する側&招待される側,服装は?上着はいつ脱いでもOK?

この記事は2分で読めます

6月はジューンブライドということもあり、結婚式をする人が多い印象です。

また、7月・8月の夏の結婚式を計画している人もいるかもしれませんね。

しかし、夏はやっぱり暑く、どんな服装で出席すればいいのか悩んでしまうもの。

結婚式を行う側と招待される側、それぞれの視点で夏の結婚式についてまとめてみました!

KE-008

夏の結婚式のメリット・デメリット

<メリット>

・コートや羽織り物の必要がなく、軽装でもいいこと

・オフシーズンのため他の月より料金が安い

・日が長いので長時間楽しめる

・夏休みと合わせてハネムーンに行きやすい

<デメリット>

・汗をかくと化粧崩れが気になる

・梅雨の時期だと雨の心配がある

・引き出物にチョコなどのお菓子が使えない。溶けるので。

・とにかく暑い!

メリット・デメリットとそれぞれこのような声がありました。

夏の結婚式は暑さを考え、いろいろと配慮することも大事になってきますね。

結婚式場はクーラーが効いている?屋外は?

式場内はクーラーが効いていることが多いので、涼しく、快適に過ごせるでしょう。

しかし、ガーデンパーティや外での結婚式はやはり暑さが辛いもの。

 

屋外で結婚式を挙げる場合は、比較的涼しくなる夕方に行うようにしたり、パラソルなどの日よけを使用し、列席者の負担を減らすことも必要です。

スポンサードリンク

夏の結婚式に招待された時の服装は?

厚着しなくてもいい分、汗対策や素材には気を付けたいもの。

<女性の場合>

・寒色系のドレスや汗染みが目立たない色のドレスにする。

寒色系は、見た目にも涼しげに見え、暑苦しくなりません。また、ベージュなどは汗染みが目立ってしまうので避けたほうがいいでしょう。

・ノースリーブにし、薄手のボレロなどを羽織る。

袖があるドレスはやはり汗が気になりますが、ノースリーブなら、サッと拭くなど処理もしやすくなります。

・タオルやハンカチは必須!替えのストッキングもあると良い。

暑いからと生脚は厳禁!汗で蒸れたら、新しいストッキングに履き替えられるようにしましょう。

<男性の場合>

・暑いからと半袖シャツはマナー違反。

男性はスーツ以外の選択肢がほとんどないため、暑さ対策はしにくいですが、だからといって半袖シャツは厳禁!必ず長袖で!

・夏用のスーツ、ベストを着る。

暑くても、ベストは必ず着用しましょう。ベストを着ていないのに上着を脱ぐのはマナー違反。ベストを着ていれば、披露宴などでは上着を脱いでもOKなので、涼しく過ごすことができます。

式場までの移動が大変!対策は?

式場に着いた頃には汗だく!

それはちょっと格好悪いですよね。

対策としては以下のようなことが挙げられます。

・インナーに汗対策を施す(汗染みパットなど)

・電車などの交通機関よりも、車やタクシーを使う。

・式場についてから着替える。

式場で着替える場合は、時間に余裕を持って行動を。また、着替える場所の確認なども前もって行っておきましょう。

いかがだったでしょうか?

夏でも、しっかり対策して結婚式を楽しみましょう!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。