King Gnuの読み方って?メンバーの学歴などプロフィール!おススメ曲も気になる!

この記事は2分で読めます

今日本のロックシーンの新たなジャンルで人気急上昇中のロックバンド「KING GUN」をご存知ですか?

「KING GNU」のメンバーやそのオススメ曲をご紹介しましょう。

スポンサードリンク

「KING GNU」って?

まずはグループ名の読み方。

「KING GNU」と書いて「キング ヌー」と読みます。ちょっと読みづらいかもしれません。

でも、バンド名の由来を知れば納得できるはず。

その由来については後ほどご説明するとして、まずはメンバー紹介から。

常田 大希(つねだ だいき):ギター・ボーカル 5月15日生まれ

東京藝術大学でチェロを専攻するも、1年も通わずに中退してしまった。

勢喜 遊(せき ゆう):ドラム・サンプラー

3歳から電子ドラムを叩き、小中ではダンススクールに通うも高校から音楽の道を目指す。両親ともにプロミュージシャン。

新井 和輝(あらい かずき):ベース

一般大学にいたものの音楽に没頭し友人のいる音楽大学の授業を受講し知識を得る。

井口 理(いぐち まさる):ボーカル・キーボード 長野県出身10月5日生まれ

常田と幼馴染で同じ東京藝大の声楽科専攻。バンドの他に、ミュージカルや演劇の役者としても活動中。

何でしょうか、このハイスペックな方たちは。

東京藝大って、頭はもちろんですが音楽的なセンスや才能がないと入学できないんですよ。そんな音楽のトップを目指す人が集まる大学の入学生が2人もいるなんて。

そして両親のプロとしての活動を見ながら、本人も幼少期から楽器をたしなんできたサラブレッドとも言えそうな方に、わざわざ他の大学の授業を受講してしまうツワモノ。

個性の塊のようなバンドですが、そんなバンドの名前の由来「GNU」は動物の「ヌー」からとっているそうです。

「春から少しづつ仲間が合流してきてやがて巨大な群れになる。自分たちも、老若男女を巻き込み大きな群れになりたい。」

そんな意味が込められているんだそうで、今まさにそれが実現に向かっているといった状態ですね。

オススメ曲

そんな彼らのオススメの曲をいくつかご紹介していきましょう。

まずは「あなたは蜃気楼」をどうぞ。

なんとも言えないセンスを感じませんか?
次は「Tokyo Rendez-Vous」(トーキョーランデブー)です。

彼らの音楽『ミクスチャーロック』全開の1曲です。

『ミクスチャーロック』とは和製英語なんですが、ラップやブラック、ソウルミュージックなど様々なジャンルをミックスしてロックテイストに仕上げた音楽のことで、まさに彼らが作りたい音楽といえる1曲です。

最後は、今年の紅白出場でさらに話題の米津玄師さんが絶賛の「Prayer X」です。

アニメ『BANANA FISH』のエンディングにも使われている曲なんですが、もうダークですね。

他にも様々なジャンルが感じられる曲が盛りだくさんで、ここでは紹介しきれませんでした。

情報が少なくて彼らの年齢がはっきりとはわかりませんが、どうやら1992年から1993年生まれのようです。この鋭い感性とハイセンスな彼らの情報がもっとたくさん出てきてくれるよう、今後の活躍を期待しましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。