水原一平のプロフィール!年齢や出身や学歴など!結婚はしてるの?

この記事は2分で読めます

2021年のホームランダービーや次の日のオールスターに出場、ホームランの本数などの記録はもちろん、その人柄さえもアメリカ人の心をつかんで離さない大谷選手は今や日本の誇りといえますが、そんな彼に常について回り彼を支える通訳の水原一平さんにも注目が集まっています。

現地では一平グッズの販売も熱望されているほどの一平フィーバーを起こしている水原さんについて調べてみました。

スポンサードリンク

野球未経験者

名前    水原 一平(みずはら いっぺい)
生年月日  1985年12月31日
出身    北海道苫小牧市
学歴    カリフォルニア大学リバーサイド校卒

6歳まで北海道の苫小牧市で育った水原さんは、和食料理人のお父さんがアメリカで板前をするために移住します。その後はアメリカで生活を送っていました。

大学卒業後は日系の企業で働いていたこともある水原さんですが、ドジャースの野茂選手の活躍を見てMLBに興味を持ちました。

野球選手の通訳を目指したという水原さんは、2010年にボストン・レッドソックス所属の岡島選手の専属通訳になりました。

その後は日ハムの球団通訳として日本に滞在し、日ハムに在籍する外国人選手の生活全般の面倒を見ることになります。

言葉の壁はもちろん、生活様式の違いや考え方、宗教など、様々なサポートが必要な外国人選手にとって、水原さんはその壁を越え溝を埋めてくれるなくてはならない方だったんでしょうね。

日ハムで大谷選手と出会った水原さんは、大谷選手がエンゼルス移籍することに伴い専属通訳としてアメリカに戻ることになったんです。

実は野球の経験は全くなかったという水原さんですが、オールスター戦前の大谷選手とのキャッチボールのシーンを見ると見事に相手をしています。そのほかにも、本当にプロに交じって様々な練習に参加したりデータ管理にと大忙しです。

実はプロの、それも剛速球を投げるピッチャーを相手にするキャッチボールはかなりのスキルが必要とされるそうです。

岡島選手が「自分の時は全く野球はできず、キャッチボールの相手もお願いしたことがない」と以前番組でおっしゃっていたことを考えると、水原さんなりにかなり野球を研究し自主練もされたんでしょうね。

そういった姿勢が大谷選手にさらに信頼されることとなったんだと思います。

2018年にご結婚された水原さんですが、奥様に関しては写真はあるもののお名前などは公表されていませんでした。お子様もいらっしゃらないようで、もしお子さんが生まれたら野球をさせるんでしょうか。

そうなるとコーチは大谷選手がきっと買って出てくれるでしょうから、こんな贅沢なことはないですよね。

今やベースボールカードまで作られ、球場には「IPPEI」とボードを掲げるファンがいるほど人気の水原さん。

今後も、大谷選手を支える水原さんの活躍(?)が楽しみの一つになりそうです。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。