奪い愛、冬のキャストやあらすじは?主題歌も気になる!!

この記事は2分で読めます

1-4

さわやかな恋愛、ラブコメなど、恋愛物にもいろいろとありますが、最近では珍しいドロドロの愛憎劇がスタートします。

豪華なキャストに目を引く脚本、ドラマを締める主題歌まで、注目の『奪い愛、冬』を詳しく見てみましょう。

スポンサードリンク

スピード感のある愛憎ドラマ

主人公池内光には、とても裕福で優しい婚約者奥川康太がいる。ところがある日、どうしても忘れられなかった元彼と再会。元彼は妻帯者だが、恋心が再燃してとめられない。それを知った婚約者は、嫉妬心から「もう一人の自分」が顔を出す。

婚約者に思いはあるものの、どうしても止められない恋心にゆれる主人公。嫉妬にかられた婚約者。妻がいる身で元彼女への気持ちも離したくないずるい男。

そしてそんな彼らを取り巻く人間模様もドロドロしています。

なのになぜかキュンとするというから不思議。ドロドロでスピード感があってキュンとする、今までにない恋愛ドラマになってきそうですね。

キャストは一流ぞろい

恋愛ドラマで重要なのは、誰と誰が恋仲になるのか、ですよね。感情移入できないようなキャスティングじゃ、しらけてきちゃいますからね。

池内光:倉科カナ デザイン会社で働くいわゆる「できる女」
後輩の奥川康太と婚約し結婚を楽しみにしている。そこに元彼が現れて急激に心が動いてしまう。

1-5

2006年の4代目ゼクシーガールに選ばれて大ブレイク。連続テレビ小説『ウェルかめ』で主演を果たすのを期にグラビアアイドルを引退し女優へ。『カインとアベル』では、主演2人に愛される美しすぎるOLを演じた。

奥川康太:三浦翔平 光の婚約者
裕福な家庭に育ち母親から溺愛される 元は優しい性格だが、元彼登場の嫉妬心のあまり「嫌いな自分」へと変化していく

2-3

2011年『THE LAST MESSAGE 海猿』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後は『ダメ恋』『スキこと』などの、女性支持の高いドラマにメインキャストとして出演している。

森山信:大谷亮平 光の元彼で元上司
とある理由で一方的に光を振り、その後幼馴染の蘭と結婚。東京出張をきっかけに光と再会する。

d508b2f67b5381e0ad374b0106960573-235x300

かつては韓流ドラマに多く出演。大ヒットドラマ『逃げ恥』に出演後大ブレイク。その経歴とルックスから「第二のディーン・フジオカ」と評されている。

メインはこの3人の恋物語ですが、そのほかに、康太の幼馴染だの会社の後輩だのの愛情があり、康太の母の愛もあり、信と妻との夫婦愛もありと、さまざまな形の「愛情」がちりばめられた物語になっています。

なぜこんなドロキュンドラマになるのか、それは脚本が鈴木おさむ氏だから。

『ハンサム★スーツ』や『新宿スワン』など、ちょっと変った、でも愛情あふれるラブストーリーを手がけた彼の世界観、楽しみですね。

主題歌もドロキュン要素たっぷり

ちょっと重苦しい、でも心がときめく、そんな『奪い愛、冬』の主題歌がこちら!

news_header_aaa_art201609

アーティスト 【AAA】
タイトル   【MAGIC】

ドラマの世界観を壊さないよう、そのスピード感と怪しさを最後まで楽しめる、そんな楽曲に仕上がったこの主題歌は2月8日リリースです。

ハイスピードでお互いの「愛」を奪い合う、ドロキュンドラマ『奪い愛、冬』は

1月20日(金)夜11:15 スタート

奪った愛の先に真実の愛はあるのか…それぞれの愛情表現が楽しみです。

スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。