平出和也のプロフィール!出身や学歴は?すごいエピソードなど!

この記事は2分で読めます

日本人にも数多くの有名登山家がいますが、「平出和也」さんという方をご存知でしょうか。

『情熱大陸』や『クレイジージャーニー』にも出演された平出さんの、どこがそんなに注目されたのでしょうか。

スポンサードリンク

平出さんのプロフィール

平出さんの偉業をご紹介する前に、彼のプロフィールを見てみましょう。

生年月日   1979年5月25日
出身     長野県諏訪郡
身長     169cm
出身大学   東海大学
職業     アルペンクライマー/山岳カメラマン
受賞     第17回ピオレドール賞

平出さんが登山を始めたのは大学3年のときでした。それまでは陸上競技で競歩の選手だったんです。高校時代は全国大会6位入賞を果たし、大学時代も1.2年までは競歩の選手として日本選手権10位の成績を修めていました。

それが大学3年になり山岳部に転部。2年後にはヒマラヤ遠征に加わるほどになっていました。

実は高校生の頃から、競歩の練習の一環として赤岳などの日本の山を陸上スタイルで登っていたんです。山には慣れ親しんでいたというわけですね。しかし陸上と登山では勝手が違い、やはり登山家としてのセンスがあったということでしょう。

そして彼が受賞した『ピオレドール賞』とは、登山界においての最高の栄誉とも言われている賞で、平出さんは日本人初の受賞者となりました。

その受賞理由や、彼の行ってきた偉業は次でご紹介しましょう。

すごすぎる「平出和也」

彼の職業にある『アルペンクライマー』とは、通常の登山と違い頂上を目指し岩壁を登る登山家を言います。

さらに彼は、その岩壁の「未踏ルート」を登山するというからすごすぎます。

ピオレドール賞を受賞したときは、インドのカメット峰の未踏ルートの開拓が認められ受賞となりました。

そして彼が4度もの挑戦の末に成し遂げたパキスタンの「シスパーレ未踏ルート」の様子は、BS1スペシャルでその登頂までの様子が放送されました。

未踏ルートにこだわる平出さんですから、成功への賛辞はすごいものですが成功ばかりではありません。

2010年にヒマラヤを登ったときは、途中で遭難し救助ヘリを要請。しかしそのヘリが悪天候で墜落しパイロットら2名がなくなります。その後のヘリで無事下山した平出さんは登山を諦めようと思ったそうですが、葬儀で亡くなった隊員の母親から「息子は運命の元に生まれてきた。あなたは登山を続けなさい」と激励されたというエピソードがあります。

また、長年平出さんのパートナーを務めていた谷口けいさんを遭難事故でなくされています。

シスパーレ登頂の際、胸元から谷口さんの写真を取り出し山頂に捧げたというエピソードがあります。一緒に登っている気がしたと後に話していらっしゃいます。

海外での生活が長く日本にはほとんどいない平出さんですが、実は2児のお父さんなんだとか。

ご家族に関しては一般人ということもあり情報がありませんでしたが、毎回送り出すご家族の心労は計り知れませんね。そして残した家族のためにも、必死に帰ってこようとしているのかもしれません。

これからも活躍を期待するとともに、毎回の無事の帰宅をお祈りします。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。