八村塁のプロフィール!英語は話せるの?小学校中学や高校はどこ?

この記事は2分で読めます

大阪なおみ選手を始め、最近ではハーフの日本人アスリートの活躍が目覚ましいですね。

実はバスケットボールの世界でも、NBAのドラフト1順目に指名されるかもしれない日本人選手がいることをご存知ですか?

スポンサードリンク

プロフィール

世界のNBAが注目する日本人選手をご紹介します。

本名    八村 塁(はちむら るい)
生年月日  1998年2月8日
出身    富山県
身長    204.5cm
両親    ベナン人の父 日本人の母
学歴    富山市立奥田中学校卒
私立明成高等学校卒
アメリカ合衆国ゴンザガ大学在学

ポジション パワーフォワード/スモールフォワード

地元の奥田小学校に通っていた頃は陸上の短距離と野球をやっていましたが、中学の時に友人にバスケットボール部を進められ、担当教諭に褒められたこともあり入部します。

中学3年の時には大会中最も活躍した5人の選手の1人に選ばれるなど、その才能はバスケットを始めた当初から発揮されてました。

しかし最初から上手だったわけではなく、入部当初は上級生どころか同級生にも歯が立たないほどの初心者で、練習後や休憩時間中に仲間に教えて貰うほどの腕前しかなかったそうです。

陸上・野球など、競技をいろいろと変えてきた八村選手がバスケットボールを飽きないように、中学時代の監督は本場の試合の映像や資料を見せ、事ある毎の「頑張ればNBAに行けるぞ」と言い続けたそうです。

その影響なのか、八村選手はやがてアメリカでの活動を目標にするようになり、とうとう大学は本場アメリカのゴンザガ大学への進学を決めます。

そこでは、リバウンドや3ポイントシュートを決めるなどチームの勝利に数多く貢献し、また「日本人初」の活躍も見せてくれました。

しかし日本で暮らしてきた八村選手にとって、もっとも苦労したのが「英語」でした。入学当初は英語での補習授業を受けなくては勉強についていけないほどだったそうです。しかし下の映像を御覧ください。

インタビューに難なく英語で答えている八村選手。離せなかったなんて信じられませんよね。今では日常会話ならなんの問題もないレベルに達しているそうなので、バスケ以外の面でもかなりの努力家というのが伺えますね。

NBAでの注目度

本場アメリカで活躍すれば、当然気になるのがNBAでのチームへの参加ですよね。

野球で言うところのプロへの昇格といったところでしょうか。

在学中の活躍を見て、NBAでのドラフト候補にも八村選手は上がっています。

その注目度といえば、「CBSスポーツ」では14位。全米の大学生を集めた「ドラフト予想」では12位という上位を予想されています。

アメリカのドラフト対象大学は30校あるので、14位であっても12位であってもドラフトの1巡目であることには変わりません。それほどまでに、八村選手の動向が注目されているわけですね。

そんな彼の華麗なダンクシーンがこちら。

こちらはゴンザガ大で行われている「ダンクコンテスト」での様子です。

3種類のダンクをそれぞれボールを持つ手を変えて決めるなど、余裕が伺えますよね。

次は、試合でのシーンです。

最初のダンクなんて、あのバスケの神様マイケル・ジョーダンを彷彿とさせませんか?

こんな凄い選手が2020年の東京オリンピック日本代表になってくれるかもしれないなんて、ちょっとワクワクしますよね。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。