八村塁のプロフィール!英語は話せるの?小学校中学や両親や兄弟姉妹のことなど!

この記事は4分で読めます

大阪なおみ選手を始め、最近ではハーフの日本人アスリートの活躍が目覚ましいですね。

実はバスケットボールの世界でも、NBAのドラフト1順目に指名されるかもしれない日本人選手がいることをご存知ですか?

スポンサードリンク

プロフィール

世界のNBAが注目する日本人選手をご紹介します。

本名    八村 塁(はちむら るい)
生年月日  1998年2月8日
出身    富山県
身長    204.5cm
両親    ベナン人の父 日本人の母
学歴    富山市立奥田小学校、奥田中学校卒
私立明成高等学校卒
アメリカ合衆国ゴンザガ大学在学

ポジション パワーフォワード/スモールフォワード

地元の奥田小学校に通っていた頃は陸上の短距離と野球をやっていましたが、中学の時に友人にバスケットボール部を進められ、部のコーチに褒められたこともあり入部します。

中学3年の時には大会中最も活躍した5人の選手の1人に選ばれるなど、その才能はバスケットを始めた当初から発揮されてました。

しかし最初から上手だったわけではなく、入部当初は上級生どころか同級生にも歯が立たないほどの初心者で、練習後や休憩時間中に仲間に教えて貰うほどの腕前しかなかったそうです。

陸上・野球など、競技をいろいろと変えてきた八村選手がバスケットボールを飽きないように、中学時代の監督は本場の試合の映像や資料を見せ、事ある毎の「頑張ればNBAに行けるぞ」と言い続けたそうです。

その影響なのか、八村選手はやがてアメリカでの活動を目標にするようになり、とうとう大学は本場アメリカのゴンザガ大学への進学を決めます。

そこでは、リバウンドや3ポイントシュートを決めるなどチームの勝利に数多く貢献し、また「日本人初」の活躍も見せてくれました。

しかし日本で暮らしてきた八村選手にとって、もっとも苦労したのが「英語」でした。入学当初は英語での補習授業を受けなくては勉強についていけないほどだったそうです。しかし下の映像を御覧ください。

インタビューに難なく英語で答えている八村選手。離せなかったなんて信じられませんよね。今では日常会話ならなんの問題もないレベルに達しているそうなので、バスケ以外の面でもかなりの努力家というのが伺えますね。

進むべき道にご両親がいた

NBAのドラフト1巡目になるまでには、当然バスケットボールを続けていなくてはいけないし、本場アメリカで認められるにはアメリカでプレーをするというのが必要になってきます。

そのどちらも八村選手はひたすらに続けてきた、その努力の賜物が今回の歴史的な発表につながるわけですが、実はその道の半歩先には、八村選手のご両親の姿がありました。

八村選手のお父様は、日本では居酒屋を営んでいたりしていますが、なんと元バスケットボールの選手でした。

しかしバスケットを強要することなく、八村選手の好きなことをさせ、バスケットボールを始めるか迷っていたたときも「自身を持ったら何でもできるよ!」とあえてその道を進ませようとはしなかったそうです。

しかしベナン人のお父様譲りの恵まれた体格と、元バスケットボール選手のお父様の血筋はしっかりと受け継がれていたんでしょうね。

そして語学力に関しても、ご両親のほうが少し進んでおられました。

お父様は、公用語のフランス語以外に今いる日本語のほか、合計7カ国語をあやつるマルチリンガル。(なぜ居酒屋店主なんだろう?通訳の方が仕事がありそうなのに、と筆者はおもってしまいました)

そしてお母様は英語の教師。まさに多国語を操る両親の元に育ったわけですね。

ですが、八村選手は渡米後に英語を猛勉強されたそうで、ご両親からの助言などはなかったそうです。

こんなところからも努力家で、アスリートらしい一面が見られますね。

NBAでの注目度

本場アメリカで活躍すれば、当然気になるのがNBAでのチームへの参加ですよね。

野球で言うところのプロへの昇格といったところでしょうか。

在学中の活躍を見て、NBAでのドラフト候補にも八村選手は上がっています。

その注目度といえば、「CBSスポーツ」では14位。全米の大学生を集めた「ドラフト予想」では12位という上位を予想されています。

アメリカのドラフト対象大学は30校あるので、14位であっても12位であってもドラフトの1巡目であることには変わりません。それほどまでに、八村選手の動向が注目されているわけですね。

そんな彼の華麗なダンクシーンがこちら。

こちらはゴンザガ大で行われている「ダンクコンテスト」での様子です。

3種類のダンクをそれぞれボールを持つ手を変えて決めるなど、余裕が伺えますよね。

次は、試合でのシーンです。

最初のダンクなんて、あのバスケの神様マイケル・ジョーダンを彷彿とさせませんか?

こんな凄い選手が2020年の東京オリンピック日本代表になってくれるかもしれないなんて、ちょっとワクワクしますよね。

「ハーフ」の子供たちのために

プロフィールでも触れたように、八村選手はベナン人の父と日本人の母との間に生まれたハーフです。

同じような「ハーフ」の人たちでも、アジア系や肌の白い外国人とのハーフの場合は見た目があまり変わりませんよね。顔立ちがはっきりしてきれいだな、位の印象かもしれません。

しかし八村選手のように肌の色が黒いと、同じ「ハーフ」でも印象が違いますよね。出身の富山県で、当時黒人のハーフは八村兄弟だけだったとおっしゃってますので、きっと苦労もあっただろうと思います。

しかしあるインタビューで、八村選手は自分がハーフであることで「苦労したことはない」と断言していました。

幼少期、兄弟がハースであることが原因でいじめられたりからかわれたりするたびに助けに入ったという八村選手。自信も同じような経験があっただろうに「苦労したことはない」と断言できるメンタルの強さ。

「むしろハーフで良かった」とまで言えてしまう、彼のポジティブさはきっと今のバスケットにもいい影響を与えているんでしょう。

そんな八村選手、幼い頃は自分の兄弟や家族を守ることに使命感を持っていましたが、今や日本中にいる「ハーフの子供たち」の目標になるべく日々練習や試合に挑んでいるんだとか。

自分の活躍が同じような境遇の子たちの勇気や支えになれたらという、なんて愛情深い方なんでしょう。

八村選手よりも一足先に、世界にその名を轟かせたハーフの選手がいます。陸上の「サニブラウン・アブデルハキーム」選手です。

世界陸上大会200mで16歳という史上最年少で準決勝に進出しました。

八村選手は、この活躍を見てとても嬉しかったそうです。そして、自分もそんな子供たちのあこがれの選手になるのが目標になったんだとか。

今やバスケットボールは、サッカーや野球を凌ぐ勢いのある人気スポーツになりつつあります。

八村選手は、このサイトでも紹介した「馬場雄大選手」の2年後輩にあたります。お二人ともダンクが得意というのも、なにかの縁を感じさせられます。

堂々のドラフト1巡指名

八村選手は前評判どおり、ドラフト1巡指名でワシントン・ウィザーズから指名を受けました。

その凄さにピンとこない方のためにざっくりと説明をすると、今全世界でのバスケットボール人口は4億人を超えていると言われています。これはサッカーを遥かに上回る数です。

そんな4億人の頂点に立てるといっても過言ではないのが「NBAドラフト」になります。

そのドラフトの指名巡というのは、そのまま世界での評価順となるわけで、今回八村選手はドラフト1巡目の9番目に指名を受けたわけですから、最も注目すべきバスケットボール選手の9人目ということになるわけですね。

もちろん年収も破格の4億円。これは初年度の金額であって、2年目はその倍額という噂もあります。

野球やサッカーなどのメジャーなスポーツで、ドラフト指名された選手の年俸は大体数千万ということですから、この金額を見てもどらだけNBAドラフトが桁違いかということがおわかりいただけるかと思います。

しかしそんな偉業を成し遂げた八村選手、インタビューでその感想を聞かれると「子供たちの目標になれるようがんばります」とのこと。ここでも、その人柄の良さが伺えました。

もちろん国籍は日本なので、国際試合などのときには日本人選手として出場してくれ、馬場雄大選手と同じコートに立つ姿がみれるわけです。

八村選手は本場アメリカから、馬場選手は日本国内で、それぞれ素晴らしい活躍をして、互いにバスケットボール界を引っ張っていく存在になってもらいたいですね。

そして八村選手には、一日も早くNBAスタープレーヤーとして、コートを駆け巡り豪快にダンクを決める姿を見せてほしいと思います。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。