馬場雄大のプロフィール!出身中学や高校大学や父親など!

この記事は2分で読めます

NBAなんて、日本人からしたら夢のまた夢!なんて思っていたのは遠い昔のこと。

最近では、日本人選手のバスケットボール本場への進出が話題になっていきました。

そこで、今大注目の選手の一人『馬場雄大』選手を調べてみました。

スポンサードリンク

プロフィール

今大注目株の『馬場雄大』選手のプロフィールを簡単にまとめてみました。

氏名    馬場 雄大(ばば ゆうだい)
生年月日  1995年11月7日
出身    富山県
身長    198cm
体重    90kg
学歴    富山第一高校卒 筑波大学
所属    アルバルク東京
ポジション スモールフォワード

馬場選手がバスケットボールを始めたのは幼稚園の頃。3歳年上の姉がミニバスケットのチームで練習していたのについていき、隣の男子チームに混じって遊び半分で始めたのがきっかけでした。

富山県の奥田中学でもバスケットボール部に所属していましたが、その当時は大会などでの活躍は聞かれませんした。

高校では、なんと父親がコーチを務めるバスケットボール部に入部しダンクシュートを決めるなど注目を集めていました。

高校2年生のときには、エースとしてウインターカップに出場するなど、すでにその才能を発揮する活躍を始めていたんですね。

大学に入ってもバスケットボールは続け、なんと大学在学中にプロチームに仲間入りしてしまうという、驚きの飛躍を見せてくれます。

馬場選手がここまで活躍したのは、もちろん本人の努力が大きいところですが、父親の存在なくてはあり得なかったとも言われています。

馬場選手の父親は、日本代表選手にも選ばれたことのあるほどのバスケットボールの実力者。身長も馬場選手より大きい202cmありました。

幼少期から、そんな一流選手から指導を受けていただけあり、プレースタイルもアグレッシブで技術面でも同年代より群を抜いていたというのも納得ですね。

しかしそんな父親からバスケットボールを強要されたことはなかったようで、気がついたらやっていた、楽しいから続けていたというのが御本人の素直な感想なようです。

実際コーチをされてた当時を振り返っての感想として、お父様は「好きこそものの上手なれではないが、好きでやっている子は応援する」というスタンスだったそうです。

馬場選手のプレー

いくら言葉で説明しても、スポーツは見ないとわかりませんよね。

千葉選手のアグレッシブで当たり負けしないプレーを見てもらいましょう。

相手の外国人選手に全く引けを取らないプレーが、迫力があって見ていて爽快です。

そして『千葉雄大』選手といえば「ダンク」です。

こんなに豪快に、かつきれいなダンクはなかなかお目にかかれません。

なんと千葉選手、あのゴンザガ大で大活躍中の八村塁選手の先輩なんです。

今や野球やサッカーを追い抜くかのごとく人気が集まっているスポーツ「バスケットボール」

千葉選手はもちろん、八村選手や多くの日本人選手が世界で活躍してくれるのが楽しみです。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。