水嶋凛のプロフィール!年齢や大学など!斉藤由貴とは仲が良いの?

この記事は2分で読めます

沖縄返還50周年と時期を同じくし放送中の朝ドラ『ちむどんどん』に出演していた「水嶋凛」さん。

あの大女優「斉藤由貴」さんの長女であり、母親と同じ女優として活動中の水嶋さんについて調べてみました。

スポンサードリンク

スリリングな母を尊敬

本名    小井 百音(こさらい もね)(記述あり)
生年月日  1999年11月18日
出身    東京都
家族    両親 弟 妹
学歴    多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース卒(記述あり)

本名、学歴に関しては公表はされていません。

しかし名前に関しては、お父様が小井延安(いさらい のぶやす)さんとおっしゃる一般人で、以前斎藤さんが娘からの手紙を読むことがあり「もね」と呼んでいたことなどから、小井百音が本名であると思われます。

また大学に関しては、SNSの学歴に多摩美大と掲載されていたことや、斎藤さんが「娘は美大に通っている」と以前コメントされていたことを考え出身大学として記述いたしました。

幼いころから女優として働く母親の姿を見てきた水嶋さんですが、本格的に俳優業に興味を持ったのは大人になってからだそうです。

大学で映像を学ぶうちに演じ手にも興味がでたこと、母親が出演した映画『記憶にございません!』の舞台挨拶を見たときに、役者さんたちがすごく格好よく見えて俳優業への決意をしたんだそう。

斉藤由貴さんというと恋多き女性として有名です。

そして今のご主人と結婚を発表したのも電撃で、何かと驚きの多い方ですが、そんな母親を水嶋さんは同じ女性としてどのように見ているのかというと、「スリリングなお母さんが好き」とのこと。

画面上ではおっとりしている斎藤さんですが、やはり母親の顔は違うようで起こると怖いんだそう。

無断で友達の家に留まり連絡も無視して帰ったときには、

「ざけんじゃないわよっ!!」

とお叱りの声を受けたこともあるんだとか。

スケバン刑事の迫力でこれをされたら…怖いですね。

仕事にも子育てにも一切手を抜かない斎藤さんを、水嶋さんは尊敬しているんだそうです。

今後役者として経験を積んでいくと、先輩としての尊敬もきっと強まっていくんでしょうね。

そんな水嶋さんですが、次は舞台への出演が決まっています。

2022年秋公開予定の『シンデレラストーリー』に加藤梨里香さんとWキャストで主演を演じます。

誰もが知っているシンデレラを子供も大人も楽しめるよう、鴻上尚史さんが書き下ろした物語です。

女優としての活躍の場を広げ続ける水嶋さんの、今後の活躍が今から楽しみですね。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。