松本若菜の今は?プロフィールを確認!年収や実家が気になる!

この記事は2分で読めます

『ふり幅がすごい!!』と、出演した作品の役どころがあまりに違う役を完璧にこなした女優「松本若菜」さん。

井川遥さんの次のサントリーのCMにはぜひ松本さんを!の声も上がる妖艶癒し系美女松本さんについて調べてみました。

スポンサードリンク

芸人さんが注目していた

本名    松本 若菜(まつもと わかな)
生年月日  1984年2月25日
出身    鳥取県米子市

高校一年生のときに、たまたま仕事で米子市に来ていたオフィスウォーカーの社長と同行していた奈美悦子さんにスカウトされた松本さん。

芸能活動に興味がなかったためその時は断りを入れたんだそう。

しかし、門限など厳しい家風で育った松本さんは、自分の可能性を広げたいという思いに駆られ、一度は断りを入れたオフィスウォーカーに今度は自分から電話をしたんだそう。それが22歳の時でした。

高校卒業時には調理師免許まで所得して、一度は地元に就職もした松本さんがすべてを捨てて上京の決意を固めたなんて相当な覚悟だったんでしょう。

お父様は大工さんということですが、三姉妹で長女はすでに結婚して家を出ていたため、松本さんが出てしまうと自動的に二女が婿を取って家を継ぐ事になるわけで、そんなすぐ上のお姉さんの応援あっての上京というのも大きな意味を持っているんでしょうね。

上京後は演技のレッスンを受けながら、新宿のルミネtheよしもと近くのウナギ屋さんでアルバイトをしていた松本さん。

実はこのアルバイト時代に、タレントさんからよく声をかけられていたんだそう。

あの明石家さんまさんから出演の依頼があったほどで、芸能界で美人や華のある人をたくさん見てきている人の目に留まるなんて、相当だったんでしょうね。

上京から1年後、オーディションに見事合格して出演したデビュー作品が『仮面ライダー電王』でした。

仮面ライダーシリーズの中でも人気の高いシリーズで、主人公の姉役でいわく付きという結構重要なポジションでした。

その後も単発のドラマ出演や映画、雑誌モデルなどの活動を続けてきた松本さんですが、2022年になってレギュラー出演の作品が増え『復讐の未亡人』では、どうどうたる主演を演じています。

ドラマ一本レギュラー出演すると、ワンクールで1000万円から1400万円くらいといわれています。

ここから計算するに、年収は4000万円以上になるのではないかと思われます。

また、清純・変顔・狂気・妖艶と役によってさまざまに表現を変えてくる松本さんですから、今後もどんどん出演作品は増えていくでしょうし、ドラマで知名度が爆上がり中なのできっとCMオファーも増えるでしょう。

そうなると年収は計り知れなくなりそうですね。

今後松本さんがどんな演技を見せてくれるのか、目が離せなくなってきました。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。