ブティジェッジ氏のプロフィール!出身大学や結婚したお相手のこと!すごいエピソードなど!

この記事は2分で読めます

北朝鮮に中国、イランなど様々な国と衝突したり和解したりと話題に事欠かかないトランプ大統領。

そんなトランプ大統領が続投できるかどうかを決める大統領選挙に、とっても話題性の高い候補者が名乗りを上げました。

スポンサードリンク

注目の若手ホープ!その名は…

本名    ピーター・ポール・モンゴメリー・ブティジェッジ(Pete Paul Montgomery Buttigieg)
生年月日  1982年1月19日
政党    民主党
職業    インディアナ州サウスペンド市長
学歴    ハーバード大卒・オックスフォード大学院卒(ローズ奨学生)
軍歴    海軍所属(7ヶ月間アフガニスタンに従軍)

29歳という異例の若さで市長に就任。ピート市長の愛称でも親しまれている彼は、1月に大統領選挙出馬を表明するまでは全くの無名でした。

出馬表明後、メディアでいろいろと話をする姿を見て、あっという間に注目が集まったのです。

その注目理由の一つに、「ファミリーネームが読みづらい」というものがあります。実際下の映像の中でもそんなシーンがありますが、笑顔で応対していますね。

トランプ大統領びいきと言われるFOXニュースに出演したときも、彼にかなり辛辣な質問がされるシーンも有りましたが、その全てに真摯に答え、納得させ、最後にはインタビュアーに「ワオ!」とまで言わせたほどの切れ者です。

その頭の良さは、「ローズ奨学生」と言われる、世界一難しいと言われている英国オックスフォード大の奨学金制度「ローズ・スカラシップ」を受けることができたということが何よりの証拠と言えるでしょう。

○○で初の大統領!?

オバマ大統領誕生の際には、「黒人初の大統領」と話題になりました。

トランプ大統領就任では、「政治を知らない大統領」と言われやはり話題になりました。

では、もしもブティジェッジ氏が大統領に当選したら、実際に戦地で従軍した大統領という他に、「ゲイで初の大統領」と話題になること間違いなしです。

彼はLGBT(性的少数派)で、ゲイであることを公言し現役の市長を務めています。そして私生活では、チェイスティン・グレスマンという高校教師と結婚もしているんです。

小さな町の市長ならまだしも、まだまだ差別の厳しいアメリカの大統領にゲイを公言している男性が就任というのは、かなり厳しい道程のように感じますよね。

しかしながら、それを攻撃材料にしてくる相手に対し、応戦するでもなく、あくまでも政策や信念を語っているブティジェッジ氏。

その姿に多くのLGBTの方たちはもちろん、そうではない方たちも耳を傾け始めているというから、やはりアメリカというのは素晴らしい国なんだなぁと感じてしまいます。

いよいよ始まろうとしているアメリカ合衆国大統領選挙。

その動向を、日本にいながらも関心を寄せずにはいられなくなりそうです。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。