ジャスティン・ビーバーの現在は?髪型など見た目が激変?画像が気になる!

この記事は2分で読めます

誰もが知っているスーパースター「ジャスティン・ビーバー」ですが、最近あまりお見かけしません。

以前のジャスティンを振り返りながら、今のジャスティンはどうしているのか調べてみました。

スポンサードリンク

HISTORY OF ジャスティン・ビーバー

まずは、彼のプロフィールを簡単におさらいしてみましょう。

本名    ジャスティン・ドリュー・ビーバー(Justin Drew Bieber)
生年月日  1994年3月1日
国籍    カナダ
身長    175cm
体重    66kg

自身の歌う姿をYouTubeにあげて活動をしていたところ、後にマネージャーとなるスクーター・ブラウンに見出されました。

2009年の11月に7曲を収録したアルバムがアメリカでプラティナディスクに認定。Billbord HOT 100に7曲すべてがチャートインしたのは、ジャスティンが初の快挙でした。

その後も発売するCDは爆発的に売れ、あっという間にスーパースターの仲間入りを果たします。

当時はまだ10代だったジャスティン。甘いマスクと高めの声で誘うようなラブソングを歌われれば、誰もが彼の魅力に引き込まれてしまいます。

そんな中、女性関係やパパラッチへの暴行、薬物への関与など、別の意味でも世間に話題を提供してくれていました。

常にファンを大切にするという姿勢はありましたが、Twitterなどでの発言で物議を醸すこともありましたよね。

そんな彼ですが、今はちょっと様子が違ってきているようです。

ジャスティン・ビーバーの今

以前の「お騒がせアイドル」だったジャスティンも、今や20代後半です。先日行われたビルボード・ミュージック・アワードも、3部門で受賞しながらも欠席するなど華やかな舞台とは距離を置いています。

上記の写真を見ても、ちょっとびっくりするほどの変貌ぶりですよね。

そんな彼は今、ヒルソング教会に熱心に足を運んでいるそうです。

SO LIT

Justin Bieberさん(@justinbieber)がシェアした投稿 –


背中を向けて参加者たちに向かってダンスを先導している白い服の男性が、ジャスティンです。

ヒルソング教会とは、オーストラリアを拠点として活動しているペンテコステ派のキリスト教会です。もともと経験なキリスト教信者だったジャスティンですが、ヒルソング教会と出会ってからはまるで別人のように変わっています。

以前と違うという話として、あるパパラッチとの一説が。

「ある日友人と歩いているところをパパラッチにしつこく撮影されます。すると突然「スポンジ・ボブ」を歌い出し、途中からパパラッチにも歌うよう促します。驚いたパパラッチはうまく返すことができず、その時のことを『派手に失敗した』とコメント付きで動画をアップしています」

以前なら声を荒げたり静止したりするところを、一緒に楽しんでしまう余裕ぶり。他にもパパラッチとの接触事故を起こし怪我をさせてしまったときは、被害にあった男性がジャスティンを擁護するコメントを発表するなど、かなりの変貌ぶりですよね。

以前の小綺麗にしていかにも「スーパースター」という風貌とは違い、髪はボサボサでひげもはやし、親しみやすい(?)雰囲気に変わっています。ちなみに一緒に歩いているのは、恋人説が囁かれているヘイリー・ボールドウィンで、彼女も教会信者です。

これらすべてがヒルソング教会からの影響とは言いませんが、気持ちの変化に何らかの影響があったことは間違いなさそうですね。

新しいアルバムが完成するまでは授賞式の類には出席しないと発表したジャスティン。早く完成させて、その姿をファンの前に見せてほしいものです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。