中村倫也の出身高校・大学はどこ?家族構成や恋愛遍歴などが気になる!

この記事は3分で読めます

2020年現在、もっとも多才な演技を演じる俳優のひとりにあげられる「中村倫也」さん。

あまりにも様々な役どころを演じられる中村さんとは、本当はどんな方なのでしょうか。

スポンサードリンク

プロフィール

本名    中村 友也
生年月日  1986年12月24日
出身    東京都
身長    170cm
血液型   AV型
事務所   トップコート
学歴    国士舘高等学校卒 日本大学芸術学部演劇学科中退
家族構成  両親 兄

小学生時代からサッカーをしていた中村さん。通っていた小学校・中学校はわかりませんでしたが、国士舘高等学校へは、当初サッカー入学されたのでは?という噂がでるほどの腕前だったそうです。

しかし強豪校特有のせめぎ合いに疲れてしまい、高校1年で退部。何もすることがなかった頃に、同級生から「俳優に興味ない?」と声がかかったんだそう。

中村さんの同級生が今の事務所の関係者にいて、集合写真を見て中村さんに興味を持った事務所の方がコンタクトを取りたくてこのような方法をとったそうです。

ちょうどなにもすることがなかった中村さんは、軽い気持ちで養成学校への入所を決めました。

養成所でしっかりと基礎を学んだ中村さんだからこそ、今のような多才な演技力と表現力が身についたのかも知れません。

中村倫也さんという人

これほどまでに役に入り込んでしまうと、本来の自分との折り合いをつけるのが難しいのでは?と思ってしまうのですが、さすがは役者さんです。

あるインタビューで、役と自分の関係についてこのようにおっしゃっていました。

「それぞれの作品で役を演じている期間中は、常にその役のことを考えているんです。仕事がシームレスに日常の中に入っている感じ。“俳優でいる時間”というのは、“自分じゃない状態でいる時間”なので、長く続いてしまうと、自分っていう一日のスパンとか、生活サイクルがないと疲れちゃうんです。それに、やっぱり考え事は奇麗な部屋のほうがはかどりますね」

こういった理由で、休みの日にはまず部屋の片付けをされるんだそうです。

やっぱりプライベートは、きちんと確保されるんですね。

そしてプライベートというと、気になるのが恋人の存在です。(ちなみに下の写真は、女装した中村さんです)

以前映画の公開記念のときに、クリスマスイブにちなんでサンタにお願いするとしたらという質問に

「オレに嫁をくれ~!」

と叫んでいるシーンがテレビで流れていました。

そこで嫁候補はいらっしゃるのか調べてみました。

歴代の彼女と噂された方たちが「佐々木希」「堀北真希」「小嶋陽菜」と、おきれいな方たちばかり。

もっとさかのぼったものだと、

・高校時代は教育実習生を好きになり振られた(当たり前…)

・高校1年のとき、同じ女生徒に6回告白して6回とも振られた(しつこくない?)

・中学の時、洗い髪にドキドキして電話で告白しその場でOKをもらう(よかったね)

などなど、エピソードが色々と見つかりました。

案外想うとガツガツ行っちゃう肉食系なんですね。ダイワハウスのCMで見せる、情けない姿とは程遠いのは、やはり演技力の高さが為せる技。

新ドラマではこだわりのアレ

中村さんが主演する『美食探偵 明智五郎』の第5話では、中村さんの無精髭姿が拝見できます。

第4話で友人を救えず意気消沈した様子から始まる第5話冒頭。ボサボサ頭に無精髭の明智が画面に登場すると、ツイッター上では「中村くんのヒゲ!本物!?」と大賑わいとなりました。

はい、アレは正真正銘のご本人の生ひげ(?)です。

ストーリー展開から、中村さんご自身が監督とプロデューサーに直談判し、ご自身のヒゲが伸びるのを待ってもらえるよう撮影期間の調整を依頼したんだそうです。

しかも5話にはその無精髭を剃るシーンも有り、そこまで準備してNGを出してはいけないとプレッシャーもあったのかも知れませんね。ご本人は、普段の作業を撮影されているというのが恥ずかしいかもしれませんが、ファンからしたらたまらないサービスショットですね。

特殊メイクであらかたのことは本物そっくりになるのに、そんな細部にこだわりをもたせるなんて(しかもその間の他の仕事とかどうしてたんでしょうか)プロですね。

今色々なイケメン俳優さんが自宅にこもっているからとヒゲ姿をSNSなどに上げて話題になっていますが、中村さんの場合ヒゲ姿&ソリ姿を堂々披露していらっしゃるなんて、やっぱり普通じゃないですね。

「ひとり喋り」が癖になる!?

新型コロナウイルスの対策として外出自粛が続く中、様々な著名人の方がユーチューブなどでファンを楽しませてくれています。

中村さんもそんなファンサービスをされているんですが、その内容が独特で中毒性が高いんです。

ひたすら画面に向かって一人で喋り続ける中村さん。よくある「彼目線」とも取れそうなシチュエーションなのにそんな雰囲気が微塵も感じられないのはなぜなんでしょうか。

なのに漂う色気とは一体…

それにしてもお料理上手なのは手さばきや手際の良さでわかりますが、スーパーで食材を見て味を想像しながら買い物ができるなんて、美食探偵の舌も地で演じられるのではないかと思えるほどの味覚の良さですよね。

質問に答えるコーナーでも、画面からいなくなってしまうなんてありえなくないですか?途中編集が入っているということは、実際にはもっと長い時間離席され、その間本当におすすめの映画を探してくれていたんだろうと想うと人柄の良さも感じますよね。

高いテンションで楽しませてくれるわけでもなく、なにか撮影秘話を話してくれるわけでもなく、ただ淡々とお一人時間を見るという動画なんですが、なぜだか見てしまのが「中村さんちの自宅から」なんですよね。そして癒やされているという、中村マジックですね。

もうこれ以上無いだろうと思えるほどに様々な役をこなしてきた中村さんですが、今後もどのような役にチャレンジするのか、とても楽しみです。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。