三浦獠太(りょうた)のプロフィール!カズ・りさ子2世の高校大学は?他の道はなかったの?

この記事は2分で読めます

キング・カズこと三浦知良さんの長男である「三浦獠太」さんが、この度俳優デビューされました。

三浦さんのプロフィールの他に、俳優になった理由や出演作品などを調べてみました。

スポンサードリンク

プロフィール

本名     三浦 良太(みうら りょうた)
生年月日   1997年9月5日
出身     東京都
血液型    A型
学歴     早稲田実業学校(小中高)卒 早稲田大学卒 留学経験あり
事務所    トップコート

芸名の獠太は、読みが同じで漢字が違うんですね。

小学生から早稲田に通っていた三浦さんですが、高校生の時にコロンビア高校にサッカー留学されていました。

やはり父親がキング・カズだけに、将来はサッカー選手かと思いましたが、高校3年のときにサッカーは引退されました。

高校最後の大きな大会で負けてしまい限界を知ってしまったということだそうですが、その決断をお父様は快く受け入れてくれたそう。将来親子ゲームが見られるかもと思っていたサッカーファンもちょっとがっかりでしょうね。

では小さい頃からサッカー選手になることが夢だったのかというと、実はそうではないようでした。

お母様の三浦りさ子さんの影響か、ドラマを見るのが好きだったという三浦さん。お気に入りの番組が始まると、母子でテレビにかじりついて見ていたこともあるそうです。

『エンジン』というドラマで、主人公の木村拓哉さんが演じていたレーシングドライバーに影響を受け「将来はレーシングドライバーになる!」と小さい頃は言っていたそうです。

そんな小さい頃のヒーローである木村拓哉さんと共演した作品が『グランメゾン東京』でした。

セリフはたった一言、ホールと仕込み担当の大宮という本当に小さな役でしたが、俳優の第一歩としては憧れの木村拓哉さんと共演できてとても嬉しいとコメントされていました。

実は俳優の兆しはあった!?

あのキング・カズの息子ということで、小学生時代はサッカーにまつわることでいじめを受けていたという三浦さん。

それでも地元クラブに入りサッカー留学までしていたなんて、本当にメンタルが強い方ですよね。

しかしそんな一方で、好きな漫画のセリフを覚えて役になりきって遊んでいたという三浦さんは、すでに俳優としての自主トレをしていたとも言えなくないですね。

お母様も「サッカー選手じゃなくいい。本人が夢中になれることがあれば何でもい。ただ、簡単に夢を諦めてしまう子にはなってほしくない」と語っていたそうですから、今度の俳優としての活動も、家族全員で応援されているんでしょう。

ただご両親がふたりとも影響力の強い方ですから、今後の活動にも「親の力が…」と噂されることはあるかもしれません。

そんな言葉が出なくなるような、存在感のある実力派俳優として一日も早く活躍してもらいたいです。

今回所属したトップコートは、中村倫也さんや菅田将暉さんなど、若手でありながら実力派とされる俳優さんが多く所属している事務所です。若手育成にはもってこいの事務所として業界でも有名なので、きっと三浦さんも素敵な俳優さんに成長されると思います。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。