関水渚はハーフなの?出身や学歴や本名など!デビューのきっかけは?

この記事は2分で読めます

ホリプロのスカウトキャラバンでファイナリストになり、グラビアアイドルや女優業で目覚ましい活躍を見せている「関水渚」さん。

2021年の春ドラマにも出演が決まっている、今注目の若手女優「関水渚」さんを調べてみました。

スポンサードリンク

プロフィール

本名    関水 渚(せきみず なぎさ)
生年月日  1998年6月5日
出身    神奈川県
学歴    非公開

関水さんは本名で芸能活動をされています。

名前である「渚」の由来については、父親がウィンドサーフィンをしており「多くの人が集まる渚のように人に恵まれる人になってほしい」という意味が込められているそうです。素敵な名前ですね。

目鼻のはっきりした顔立ちから「ハーフでは?」とのうわさもあるようですが、ご両親やご兄弟などの情報は見つからないため真意のほどはわかりませんでした。

学歴に関しては、公表はされていませんでしたが様々な情報を見てみると、高校は中間一貫校の森村学園ではないかと思われます。

というのも、中等部の陸上大会の名簿に関水さんのお名前が載っていて、中学時代は陸上をやっていて、森村学園は中高一貫校なのでそのまま高校まで同じ高校に進学したと考えられるからです。

高校時代にホリプロスカウトキャラバンでファイナリストになりスカウトされたにも関わらず、高校時代は芸能活層を一切行っていないというのも、森村学園はそういった活動が禁止されていたからだと推測されます。

高校卒業後は大学に進学したといううわさもあり、その大学は明治大学ではないかとの憶測が飛んでいますが、これも確証は得られませんでした。

活動と同時に人気急上昇

高校卒業後、まずはグラビアアイドルとして活動を始めた関水さんですが、2017年9月6日に発売された『週刊少年サンデー』で初登場で表紙を飾るという素晴らしいデビューを果たしています。

同年11月13日発売の『ヤングマガジン』でも、やはり初登場で表紙という大成功を収めていました。

映画初主演となった2019年『町田君の世界』では、1000人を超えるオーディションの中から見事にヒロインに選ばれ、数々の新人賞を受賞されました。

2019年10月には、初ドラマ『4分間のマリーゴールド』で見事に阿部志乃 役を演じ切り、やはり注目が集まっていました。

その後もドラマや映画に立て続けに出演し、あの話題作『コンフィデンスマンJPプリンセス編』では、身寄りのない内気な少女コックリを演じ、長澤まさみさん扮するダー子に社長令嬢に仕立てられていくという、物語の重要な役どころでした。

そしてついに2021年1月からスタートする新ドラマ『アノニマス』(毎週月曜 午後10時)でヒロインに大抜擢されたんです。

このドラマ、香取慎吾さんが民放ドラマで5年ぶり、テレビ東京系では33年ぶりに主演されることでも注目されていて、ほかにはMEGUMIさんや勝村政信さんなどの演技派で個性的な俳優さんたちが出演している話題作です。

刑事ドラマということで、関水さんがどんな刑事を演じられるのか今から楽しみです。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。