米津玄師って何の病気なの?本名や出身高校・専門学校は?Lemon作成エピソードも気になる!

この記事は2分で読めます


その名を知らない人は今やいないだろう、というほど爆発的な人気アーティストの「米津玄師」さん。

彼の抱える苦悩や、そこから生み出された名曲について調べてみました。

スポンサードリンク

プロフィール

まずは「米津玄師」さんについて、見ていきましょう。

本名     米津 玄師(よねづ けんし)
生年月日   1991年3月10日
出身     徳島県徳島市
身長     188cm
血液型    O型
職業     シンガーソングライター、イラストレーター、映像作家他
学歴     徳島県立徳島商業高等学校卒 大阪美術専門学校中退

シンガーソングライターとして活躍し楽曲提供なども手がけているのは有名な話ですが、音楽の他にイラストレーターとしてもかなりの才能を発揮されていらっしゃいます。

独特のタッチと世界観は、一度見ると忘れられないほど完成されていますね。

音楽に関しては、中学3年の終わり頃からMTRをつかい音楽制作を始めます。その後DTMをつかい「ハチ」という名前でオリジナル動画をニコニコ動画に流すなどの活動をはじめました。

2012年からは本名の「米津玄師」として活動をはじめ、オリコン週間アルバムランキングで6位を獲得するなどその認知度はますます高まって行きますが、2013年にソロデビューするもライブなどの活動は一切行ってきませんでした。

彼が抱えてきた苦悩

楽曲にしてもイラストにしても、独特の世界観を持つ米津玄師さんには、幼い頃から抱えてきた悩みがありました。

実は彼は『高機能自閉症』という病気を患っていたんです。しかもそれがわかったのが20歳の頃というから、それまでの生き辛さは想像を絶するものがあるんでしょう。

幼少期には気づかれず、ちょっと変わったこ子として扱われたせいか家族とも不仲だったそうです。病気がわかってからは気持ちが楽になったのか、家族との仲も改善されつつあるのだとか。

その他に、きちんとした診断を受けてはいないようですが『マルファン症候群』という可能性もあるようです。

『マルファン症候群』とは、染色体異常による総合織疾患で、体の結合組織に先天性な異常があり全身各種臓器に様々な合併症を引き起こす難病の一つです。

身体的な特徴として、四肢が長い・背骨が曲がる・関節が異常なほど柔らかいなどが挙げられるそうですが、米津さんをみたファンの方から指摘があり御本人もその特徴に当てはまることから「自分はマルファン症候群かもしれない」とコメントされています。

「Lemon」に込めた想い

大ヒットドラマ「アンナチュラル」の主題歌として書き下ろされた曲「Lemon」は、動画再生回数1億回を超えるヒット作となりました。

そんな代表作制作の裏には、米津さんのお祖父様の死が大きく関係していたんです。

制作当初は「優しく包み込むような」という依頼だったそうですが、出来上がった曲を「ただ悲しいと訴える4分間」と米津さんは語ります。

死についての曲は今までも作ってきたし、今回も同じような感覚だったところに現実に肉親の死が起こり、自分の中の死が崩れてしまったんだとか。

そこから自分の考えを再構築し、心の奥底を掘り起こして作ったのが「Lemon」という曲。

MVで米津さんはハイヒールを履いていますが、これは「2人にしかわからないもの」を表しているんだそうです。

そしてこの「Lemon」を2018年の紅白歌合戦で生歌披露されたことが話題になりました。

地元徳島の美術館での撮影でしたが、とても幻想的で素敵でしたね。

あの場面をもう一度見たい、見逃してしまったけどぜひ見てみたいという方は、動画再生サービス【U-NEXT】で御覧ください。

今なら31日間無料のトライアルサービス中なので、見たい動画が見放題です。


協会で歌う「Lemon」もいいですが、あの紅白のシーンも本当に素敵で、しかも米津玄師がインタビューに答えている姿まで配信されます。

ぜひぜひ、こちらの動画もチェックしてみてください。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。